スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AmericanaramA Festival of Music

今更感は否めないが、旅の思い出&交通メモとして個人的に記しておこうと思ふ。
(気が付けば早1ヶ月...遠い目)


images-1.jpeg

アメリカ渡航1日目の7月27日NYはNikon at Jones Beach Theaterで行われたAmericanarama Festival of Musicへ 日本時間27日午前11時過ぎのフライトでいざ憧れの街NYへ...

行きはJAL SKY SUITE 777に搭乗。

さて、機内の楽しみと言えば映画。
が、しかし心惹かれる作品が1本も無い。クキー!
(まるで関係無いけど)巨人ブームだし(?)「ジャックと天空の巨人」をチョイス。
けっ つまらねぇ

もう1本ジャッキー・チェン主演「ライジング・ドラゴン」をチョイス。
安定のジャッキー。お茶の間で楽しく観れるよねージャッキー。お茶の間でー。

機内のもう一つの楽しみご飯!


梅ご飯に豚肉と野菜の煮たヤツ。
IMG_0833.jpg
.....。
朝食だか何だかに出た「AIR くまモン」
IMG_0746.jpg
.....。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
気を取り直して JFK到着〜

到着が遅れ、諸々の移動時間が迫ってるにもかかわらず入国審査の長蛇の列...。
空港のくせにWi-Fiない。
Wi-Fiだけが頼りの無課金ユーザーの俺なのに... セツネェ

2時間位無駄に時間を取られ無事審査を終える。フッ

まず空港を出て AirTrain で Jamaica 駅へ。
Manhattan のホテルを目指し LIRR に乗り Penn 駅へ移動。
ここJamaica駅で JFK - Penn 間のチケット&メトロカードを買う(土曜日なのでOff Peakチケ)
販売機は日本語対応してて便利。
メトロカードはあとでバスに乗る時も使うのでその分チャージされてる物を買う。
 ※ 後に車掌さんが切符きりに来る。

Penn 駅デカイ。マディソン・スクエア・ガーデンの建物の下である。

時間を押しに押している我々は兎に角ホテルを目指し NY の街中を数ブロック小走り。
チェックイン後、押っ取り刀で再び Penn 駅へ欽ちゃん走り。

Penn 駅地下街は食べ物屋が沢山入ってて便利。
会場のある JonesBeach にほど近い LIRR の Freeport 駅までのチケット(ゾーン7)を買い、何番線に入って来るか数分前まで不明なので掲示板の前で待機。
無事に乗り込み一段落。
やっとここでもうすぐ Beck を4年ぶりに見れるんだとジワジワ実感して来てニヤニヤ。
 ※ 後に車掌さんが切符きりに来る。

1時間弱列車にゆられ Freeport 駅着。
NiceBus の JonesBeach 行き N88 に乗りいざ会場へ!(メトロカード使う)
遠くに会場が見えてくるだけでワクワク。でもどこか夢の様な気分だったり。。。
なにせ4年ぶりだものね。オリンピックぇ...
だが夢ぢゃない!!!

IMG_5256.jpg


すでに開演しててトップバッターの Ryan Bingham が始まってる!
入場口でコーラを没収され、泣いたり(ウソだけど)
何か目新しい物は無いかと期待しながら物販へ行くも、えっ! なTシャツ&トートとDebraトートのみ。

IMG_9763.jpg
はぅあ

Hansen まで描いてあるTシャツなんて後にも先にもこれっきりじゃない?と思うと買っておけばよかったのかなぁと思ったり思わなかったり。

しっかしこの Jones Beach Theater は広い!ステージの向こう側は海!
天気もいいし風が気持ちー!
ステージも近いよ!いい席だよ!ワーイ
Ryan Bingham が終わり、ステージ入れ替え。ソワソワ
ドラムマシーン運んで来たよ!つまり次は Beck!! キャー
まだあんまり客入りがよくないけど皆やっぱり Dylan 見に来る人が多いのか?え? Beck 始まりますよ〜!
Smoky 出てキタ━━━(゚∀゚)━━━!!! 自分でセッティングしとる。
そして、ついにお待ちかね Beck 登場!!! ドドーン!
ジーン... 4年ぶりに見た生 Beck は俺フィルターがかかってるとは言え、それはそれはまぶしくキラキラしていました...。

Jack-Ass からスタート。
海鳥が飛び交い心地よい潮風を頬で感じながら着席スタイルで。
なんて贅沢なんだろう。うっ

向こうの人って自由だから演奏中でも出たり入ったりで、その度にどかされたりしたけども(泣)自分らの前の席はまだ人が来てなくてステージが良く見えてホントよかった。

こんな気持ちのいい野外で The Golden Age と It's All In Your Mind を聴けた事に感動し、
とんでもねくカッコイイ Fourteen Rivers Fourteen Floods にシビレ(ロジャマニのコーラスがまたいい!)
からの〜 One Foot In The Grave でノックアウト!
Lost Cause で涙してグッダグダな Where It's At 笑う。
幸せだ。あぁここまで来た甲斐があったとBuddha と Jesusに感謝!
てか、カッコイイ!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続いて Wilco のショーを鑑賞。
初めて Wilco を観た。息ピッタリですごかった。バンドってすげー!
陽もとっぷり暮れて来ていつの間にか人も満席。
そして待ってました Beck とのセッション!
I Am The Cosmos、California Stars ときて Cibo Matto が現れ Loser!
かと思えば Sean Lennon も現れ Yer Blues ! Tomorrow Never Knows ! で Dylan ファン世代も大喜びナンバーをかまされ会場が一気に盛り上がってサイコーに楽しかった!
こういったゲストとかセッションとか日本に居たんじゃ絶対に観れないよ!
いいもん観たよ!Beckも楽しそうだったしね!

ここで私の HP はほぼ使い切り残り1である。。。
大トリである Bob Dylan が登場するも体力の限界を迎える。
それに加え前の席に超大型巨人も現れ、まわりもスタンディングスタイルに切り替わり、座ってステージを観る事もままならず (もぅいい聴くに徹するよ) と思えど睡魔がパない。
何度か気絶しちゃったよね... サーセン!

Beckとのセッションもなく、一言も発さなかったDylan大先生はキメポーズでステージを後にしたのであった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

終わったのが23時だか0時だかでホテルに戻ったのが1時過ぎていたと思う。
夜の電車はライブ帰りの人達が多かった事もあり危険は感じなかったし、街中も結構警官がいたりして危なく感じなかった。
とは言え安全とは違うと思うけど。

今宵の余韻にじっくり浸る暇もなく、寝落ち。
と、言う事で全く時間が無く、NYへ来るもNYっぽい所へもいけず、美味いものも食べれずホントに立ち寄っただけだったので、いつかまた絶対来たいと思う!
さ、明日はNewportへ冒険だ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Yer Blues / Beck, Wilco & Sean Lennon
IMG_0588.jpg


iPhoneを縦に持って撮影していて、試行錯誤したのですが、横向きに変換するとちっちゃくなっry......
つまり、UPできなかったので観たい方はここでDLしてください。











コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

kosame

Author:kosame
はいそこ!化石ブログとか言わなーい!

*************


カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。