スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YES MAGAZINES

YES MAGAZINES vol.18
1_convert_20100527145046.jpg16_convert_20100527145249.jpg
JAMIE LIDELL/FOALS が表紙。

Beckの「BAD BLOOD」のヘビロテにより、すっかり影を
ひそめてしまったJamieの「compass」ですが(自分的にね)、インタヴュー記事が載っていたので抜粋。

― あなたとベックによる共作曲「COMA CHAMELEON」は
アルバムの中でもアグレッシヴで不穏で異質なトーンを持つ素晴らしい曲ですが、これはどのようにして生まれたのでしょうか?

ジェイミー: 初めてベックと作業した時、彼のLAのスタジオ
まで行ったんだ。
彼がギターで、僕はドラムでビートを出して、たった3日間だけだったけど、4曲もレコーディングできたんだよ!
「COMA CHAMELEON」は歌詞も彼で、僕はドラムを叩いて歌っただけさ。音もベックそのものって感じじゃない?(笑)


んだんだ!

..…ジェイミー: ベックと僕のアイデアが完全にマッチしなくてね…。
彼と全部やったらもちろん素晴らしい作品にはなっただろうけど、でもそれって「ベックのアルバム」だよね?


だよね~。

..…僕はもっと自分の色を出したかったから、彼にそう伝えたんだ。
そしたら彼も快く受け入れてくれて、「ぼくとの共作曲も何かの役に立てればうれしい」と言ってくれたよ。..…


ほっこり。

世界中どこにいても見られる“YES Vol.018_Web Version”は、
5月31日(月)にアップ
だそうです。チェケラッチョ:)
MJ について語ってたりもするよ。
※みうらじゅんではありません。
☆Web Versionアップされました。PDFファイル形式です。
こてぃら。

Jamieはメガネかけてる方がよいと思うー。

<余談>
どっかの雑誌の「compass」のレビューで “相変わらずヴォーカルはうまくない”だの、“Beckはかなり強く自分のカラーを出すほうの様で本作もその傾向” なんてのを見たけど、アタシと
このどっかのライターとは意見が合わん。
ワンッワンッ!

コメント

あの眼鏡自体がいい

お! いい記事読んでるね~
なるほどね。Beck的にはJamie"で"遊びたかったのかもね。
でも尊重しあってる感じがいいね。
web版チェケラするわ。ありがとう。

“Beckはかなり強く自分のカラーを出すほうの様で本作もその傾向”
その傾向はあんまりないと思うけどね。色とりどりだと思うが…。
たぶんこのライター、Compass聴いても聴かなくても同じこと言うよ。
「IRMは超Beck=Beckプロデュース作品は超Beck」ていう固定概念。
つーかBeckを知らないんじゃない? 
(悪口ならいくらでも言える)

眼鏡は顔の一部です。

hamさん
そうそう!尊重し合ってる感じするする~。
で、このライターのレヴューはcompass発売のずいぶん前の段階だったから、さほど資料も無かったに違いないわけで、インタビューしたわけでもなく、JとBのレコーディング背景を知らずなわけだろうし...

おシャルは音楽で飯食ってる訳じゃ無し、自分の音楽ポリシーがある訳でも無し、それでもBeckは決して彼女のイメージを崩さず意識して作ってるって思うの。
Jは音楽で飯食ってるアーティストで、Beckのアイデアが色々と垣間見えるけどBeckカラーを押し出してる風にはアタシも思えない。
Bどころか、Jの事もよく知らないよコイツ。

おっととっと追記だぜ。
"このライター"とはYES MAGAZINESさんではありません。
どっかの雑誌DEATH。オーライッ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

kosame

Author:kosame
はいそこ!化石ブログとか言わなーい!

*************


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。